マルヰガス株式会社(マルイガス株式会社)はLPガス事業、太陽光発電や生活全般に関する事業を埼玉県を中心に行っております。

その他のガス

その他のガスとは

時代の移り変わりと ともに役割の幅を広げていく「産業ガス」。ASUガス(酸素、窒素、アルゴン)の他、ヘリウム、水素、炭酸ガスなど、その種類は多数あり、使用方法も多岐にわたります。
content_ph_04.jpg
炭酸ガス(CO2)

清涼飲料水、ビールなどに入っている炭酸ガスは最も身近な用途といえるでしょう。 また、動物が呼吸する時に発生するガスとしても知られています。溶接用、消火用、 冷却用、バイオテクノロジー用、食品用と幅広い分野で使用されています。


性状
・ 無味、無臭の不燃性の気体
・ やや不活性、水分を含むと炭酸を生じ普通鋼などを腐蝕
・ 液体を急激に気化させれば一部固体(ドライアイス)となる

用途

ヘルスケア
気腹手術や冷凍手術、炭酸ガスレーザーメスに使われています。

飲料
炭酸飲料中には発泡性をもたらす二酸化炭素ガスが溶解されています。
水を成分とする液体に炭酸ガスを溶解させることを「炭酸ガス添加」と呼びます。

飲料水
炭酸ガスによる飲料水のpH調整もガス応用のひとつです。
これにより腐食の原因となる炭酸カルシウムの溶解を抑え、沈殿物、水垢の原因となる炭酸カルシウムの過飽和状態を避けることができます。

食品添加・ドライアイス
冷凍食品・食品添加物を製造する際に二酸化炭素を注入して使用したり、
固形二酸化炭素であるドライアイスの原料にもなっています。

ヘリウム(He)

content_ph_05.jpg


ヘリウム(He)
ヘリウムは地球の大気中にはほんの微量しか存在しません。しかし、油田の天然ガスポケット中には存在し、アメリカ、アルジェリアやポーランドなど一定地域の下層土にある天然ガスから摂取されています。
ヘリウムの沸点は-268.9℃と絶対零度に最も近いことから、超電導を利用したMRI、リニアモーターカーの開発、半導体製造などで需要が伸びています。

性状
・ 無味、無臭の不活性な気体
・ 水素についで軽い
・ 沸点は-268.9℃と最も低い

用途
超電導
MRIやリニアモーターカーの超電導コイル冷却用


飛行船・アドバルーン・風船
ヘリウムの空気よりも軽い性質を利用して、空中に浮かべることができます。 普段私たちが目にする飛行船やアドバルーンなどに使用され、役立っています。


宇宙
ロケットに搭載されている低温タンクの加圧

溶接・溶断
溶接用のシールドガスやレーザーの光源ガス

リークチェック
ヘリウムの分子の小ささを利用して配管などのリーク検査に活用

半導体製造
キャリアガス・ウエハー冷却用






水素(H)

hydrogen_img1.jpg


水素(H)
水素は、すべての元素のなかで最も軽く、酸素とともに水を構成している物質です。拡散性、還元性にすぐれた性質は化学、エレクトロニクス、金属、ガラス、食品などの製造に広く利用されています。また、水素と空気中の酸素を反応させる「燃料電池」は石油に代わる新しいクリーンエネルギーとしても注目されております。

性状
・ 無色、無味、無臭の気体
・ 最も軽い気体
・ 常温でフッ素とのみ直接反応
・ 酸素との混合物に点火すると爆発的に燃焼し水になる・ 希ガスの1つ
用途
燃料電池
水素と酸素を反応させ発電を行う次世代のエネルギー源として注目を集めています。

化学
様々な化学製品を製造する過程において必要不可欠な「還元剤」として使われています。

宇宙開発
日本の宇宙開発ロケットの燃料水素、酸素の供給を通して宇宙開発に貢献。

アセチレンガス(C2H2)

content_ph_06.jpg


アセチレンガス(C2H2)
アセチレンは、20世紀のはじめから溶接、切断用に幅広く利用されてきました。酸素と組み合わせた場合の炎の温度は3330℃と各種混合ガスの中で最も高温。現在も、建設工事現場をはじめ、溶接・溶断用ガスとして根強い需要があります。

性状
・ 圧縮すると爆発しやすく、多くは多孔性物質に加圧溶解して使用

用途

ガラス
鋳型とガラス製品の離型剤

機械・金属
切断・溶接